UP SPORTS CLUB

子供の体操の他、健康や筋トレ、雑記も書くブログです。

スポンサーリンク

糖質とは~PART②~

訪問ありがとうございます。

今回は糖質を多く含む食べ物少ない食べ物を紹介します!

そして糖質と上手く付き合うポイントを紹介しますので、元気な身体をつくりましょう!

免疫力の強い人のイラスト

 

糖質の多いもの

糖質の多いものの代表を紹介します。

100gあたりどれほどの糖質が含まれているかを紹介しますので参考にして下さい。

飲み物

  • ミルクココア(粉)…75g
  • オロナミンC(栄養ドリンク系)…15g
  • コーラ(炭酸飲料)…12g
  • 果物のジュース…11g
  • 牛乳…5g
  • 野菜ジュース…4g

コーラなどの炭酸飲料より栄養ドリンク系の飲み物の方が糖質が多いのです。

野菜ジュースも飲みやすく作っているため砂糖も入っているので糖質が多いのです。

野菜ジュースを飲むのであれば嫌いな方も野菜を食べる事をお勧めします!

アルコール

  • 梅酒…20g
  • 果実のカクテル…8g
  • 日本酒…4g
  • ビール…3g

女性に人気の梅酒カクテルは糖質が多いです。

アルコールに合う、おつまみも糖質の多い食べ物が多いです。

食べ物(主食)

  • うどん…55g
  • 食パン…44g
  • 白米…36g

やはり小麦粉製品は糖質が多いです。

食べ物(野菜)

  • とうもろこし…61g
  • かぼちゃ…17g
  • れんこん…13g

上記の野菜は糖質10g以上のものを挙げました。

野菜は栄養価も多い分、糖質も多いです。

野菜として考えられる芋類は・・・

  • さつまいも…29g
  • じゃがいも…16g

糖質が多いです。

意外に糖質の多い食べ物

  • コーンフレーク…81g
  • 春雨…80g
  • 佃煮…30g
  • ちくわ…13g

朝食でコーンフレークに牛乳をかけて食べている人も多いと思いますが、糖質の多い食事と言えます。

炭水化物のイラスト(栄養素)

糖質の少ないもの

では糖質の少ないものは何でしょうか。

こちらも100gあたりどれほどの糖質が含まれているか紹介します。

飲み物

  • 水…0g
  • 麦茶…0.3g
  • コーヒー(ブラック)…0.7g

昆布茶以外のお茶はほとんどが0gに近い糖質です。

アルコール

  • 焼酎…0g
  • ウイスキー…0g
  • 糖質0の発泡酒…0g

上記のアルコールは糖質0ですが、アルコールは胃液の分泌量を増加させ食欲が増し、結果おつまみや食事の量が増えるので飲みすぎには注意が必要です。

食べ物(主食)

主食で糖質が少ない食べ物は基本的にはありません。

しかし現代は様々な低糖質の食べ物が開発されています!

その1つが大豆麺(ソイドル)

100g当たり15gの糖質が含まれており、これは通常の蕎麦やパスタの糖質に比べ3分の1以下になっています。

食べ物

  • 牛、豚、鳥肉…0.6g以下
  • 魚…0.3g以下
  • 卵…0.2g

肉、魚、卵は栄養素が高く糖質も低い食べ物です。

ただし、角煮や魚の煮付けなどは砂糖を多く使うため糖質が高くなります。

意外に糖質の低いもの

  • マヨネーズ…3g
  • チーズ…2g

マヨネーズは糖質が多いような気がしますが、原材料が卵、油、酢ですので糖質が少ないです。

卵を割ったイラスト(白い殻)

糖質と上手く付き合おう

上記に糖質の高いものと低いものを紹介しましたが、過度な糖質摂取、糖質制限は決して身体に良くありません。

バランスよく食べることが何よりもいいのですが、なかなかできるものではありません。

では、糖質と上手に付き合うにはどうすればいいのでしょうか?

食事の間隔

食事の間隔をあけすぎないことが重要です!

近年、朝食を抜く人が多くなっているのですが、朝食を抜くことによって前日の夕食から次の日の昼食まで間隔があき、身体は糖質の吸収率が高まり食欲が増します。

少しの我慢

あと1杯、あと1つ、あと1枚・・・これを我慢しましょう!

前回も紹介しましたが、炭水化物を抜く、何も食べないなどというのは決して身体、精神的にもよくありません!

いつもなら、もう1杯食べるところを我慢する、ジュースをお茶になど少しの我慢が身体に良い変化をもたらしてくれます。

最後に

いかがでしたか?

参考にしていただいて、健康な身体をつくっていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

f:id:upsports:20170613012527p:plain