UP SPORTS CLUB

子供の体操の他、健康や筋トレ、雑記も書くブログです。

スポンサーリンク

前とびのコツと練習方法②

訪問ありがとうございます。

前回は前とびの練習方法

  • 縄跳びの調節
  • 縄跳びを回す
  • ロボット歩き

3つを紹介しました!

今回はこの3つを練習した上で

  • 1回前とびを跳ぶコツ
  • リズム跳びの練習方法

を紹介したいと思います!

 

1回前とびを格好よく跳ぶコツ

連続で前とびを跳ぶ練習をする前に、その場良い姿勢前とびを跳ぶ形を、頭と身体で理解する必要があります。

縄跳びを踏まないようにジャンプしよう

前回紹介した縄跳びを回す練習方法を使います!

  1. マントにして構える(縄跳びは足の後ろ・持ち手はお腹の横)

f:id:upsports:20170721004139j:plain

 2.エプロンにする(縄跳びは足の前)

f:id:upsports:20170721004054j:plain

 3.縄跳びをよく見て踏まないように前にジャンプ

 4.1~3を繰り返し練習

この練習を繰り返すと、どんどん前に進んでいきます!

前に進んでいいので、

  • 縄跳びをよく見て、踏まないようにジャンプすること
  • ジャンプは両足で同時に着地をすること

重点を置いて練習しましょう!

縄跳びの音は静かに

上記の練習で縄跳びを回すことに慣れてきたら、縄跳びの音を聴きましょう!

聴くポイントはマントからエプロンに(足の後ろから前に)縄跳びが回って地面に着いたときの音を聴いてほしいです。

どんな音が鳴りましたか?

静かな音なら☆ハナマル☆です!

地面にあたる音が、バチン!と大きな音なら×ペケ×です!

バチン!と音が鳴るということは地面に縄跳びが強くあたり、縄跳びのはね返りが大きく跳べません。

といっても、力を抜きすぎると前に縄跳びが回らないので、上手く力を抜いて回すコツを身につけましょう!

マントからエプロンに回すと同時にお腹の横に持ち手をもってくることで、縄が地面につきながら滑るように足下にくるのでバチン!という音はしません!

音をさせずに縄跳びを回すことが連続跳びの過程の1つとなります!

その場ジャンプで縄跳びを跳ぼう

次に、前にジャンプして進んでいたのを、その場で上にジャンプして縄跳びを跳びましょう!

 1.マントからエプロンに

 2.エプロンにすると同時に持ち手はお腹の横に

 3.自分の足下にきた縄跳びを上にジャンプ

 4.1~3を繰り返す

回した後、持ち手をお腹の横に持ってくることで、地面についた縄跳びは滑るように足元にきます。

足下にきた縄跳びをその場でジャンプできることが連続跳びの過程となります!

その場ジャンプで縄跳びを跳ぶ練習をする時は、縄跳びを前に回して縄が地面に着く場所を、足下の近くにつくことでやりやすくなります!

ジャンプをしている女の子のイラスト

姿勢よく回して跳ぼう

縄跳びを回したり、縄跳びを跳ぶときの姿勢もすごく大事です!

前かがみにならず、まっすぐ背筋を伸ばすように縄跳びを回し縄跳びを跳ぶことができれば

格好のよい、前とびの完成です!!

しかしまだ連続で前とびは跳べません!

ここから連続で跳ぶための練習方法を紹介していきましょう!

リズム跳びの練習方法

連続で跳ぶためには両足で一定のリズムで跳ぶことが必要になります!

そこでリズム跳びの練習方法を紹介します!

親子でジャンプ

まずは縄跳びを使わずに

  • 子どもと両手をつなぎジャンプ(一定のリズムで)

両手をつなぎジャンプをすることで、リズムがつかみやすく子どもが楽しんでできます!

縄跳びを使って

  • 向い合せになってできるだけ近づき、保護者が縄を回して連続で跳ぶ

子どもは縄跳びが見えないので、保護者が跳ぶタイミングで、はい!という掛け声でジャンプするなど工夫しましょう!

慣れてきたら子どもを反対に向かせて(保護者が子供の背中をみるように)同じように保護者が縄跳びを回し連続で跳ぶ練習をしましょう!

スマートフォンのゲームをしている親子のイラスト

足切りジャンプ

足切りジャンプは縄跳びをよく見る上にジャンプ連続でリズムよくジャンプすることに適しています!

f:id:upsports:20170722003911j:plain

  1. 縄跳びを半分に折る
  2. その名の通り、子どもの足を切るように縄跳びをもっていく
  3. 縄跳びが足の近くにきたら、上にジャンプ
  4. 逆から縄跳びがくる、上にジャンプ
  5. 2~4の繰り返し

兄弟など複数人でする場合

半分に折らずに縄跳びの持ち手を1つ持ち、ボールを腰の位置でグルグル回すように、保護者がしゃがみ、背中で持ち手をもう片方の手に持ち替えて、縄跳びをグルグル回すと複数人でも楽しめます!

このようにリズム跳びを楽しんですることでリズム感が養われ縄跳びに活かすことができます!

保護者の方には少しハードなことかもしれませんが、触れ合いの1つとして練習していただければ幸いです。

次回は縄跳びを連続で回そう

前とびが格好よく1回跳べリズム跳びも身についたら最大の難関・・・

連続で縄跳びをスムーズに回す!練習方法を紹介したいと思います!

これができれば、連続前とびの完成です!

頑張りましょうね!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

f:id:upsports:20170613012527p:plain