UP SPORTS CLUB

子供の体操の他、健康や筋トレ、雑記も書くブログです。

スポンサーリンク

組体操に取り組む~安全な組体操~

訪問ありがとうございます。

いよいよ季節も秋へ変わり、運動会の時期がやってきました。

※近年、運動会を5月など1学期に行う小学校、幼稚園、保育園が増えています。

私が保育内でレッスンを行っている園でも10月の運動会に向けて子どもたちは練習を頑張っています!

今回は多数の園が行う組体操について話をしたいと思います。

運動会のイラスト「組体操・白組」

 

組体操とは

団結(和・協調性)と協力をテーマに基本的に道具を使用せず身体を用いて行う集団演武を組体操と呼びます。

運動会で集団教育の成果を発表する目的で行われ、小学校・中学校・高等学校で行われます。

また幼稚園・保育園のお遊戯として行われる園もあります。

基本的にリーダー(指導者)の笛(太鼓)の合図で形を作ります。

文部科学省が定める小学校・中学校・高等学校の体育の学習指導要領には組体操の記載はないです。

近年の組体操

近年の組体操は集団教育の発表の域を超えていることが全国で問題となっています。

小学校の7段ピラミッドや5段タワーなど、まだまだ成長段階である子どもの身体には到底耐えることができない、学校・教師の自己満足の組体操になっている学校もあるのが現状です。

組体操の事故

全国で事故が相次いでいる組体操。

スポーツ庁によると2014年度には全国の小学校・中学校・高等学校で8592件の事故が発生しています。

組体操の廃止

各自治体の教育委員会が市立小学校・中学校での組体操を廃止するところも出ています。

組体操の代わりにダンス等を取り入れている学校もあります。

危険な組体操から安全な組体操へ

  • 学習指導要領にない組体操
  • 前年と高さを競うようなショー化した組体操
  • 年間に8000件以上も事故が起こっている組体操
  • 自治体によっては全面廃止となっている組体操

この危険な組体操は全国で廃止すべきなのでしょうか?

安全な組体操へ方向転換をすることは無理なのでしょうか?

組体操の意義

  • お互いの助け合いで相手を安全な形で安定させる。(助け合い)
  • 全員で同様の動きをして団結を深める。(協調性)
  • たくさんの観客をの前で演技する。(精神力を強く)

国の行政が対応を

スポーツ庁は「安全確保できない場合は中止を」としており、大阪市の教育委員会は2017年度からピラミッド・タワーを禁止に、東京都の教育委員会も都立学校はピラミッドとタワーを2016年度原則休止しました。

この各自治体のバラバラの対応を国が1つにまとめることができればと考えます。

  • 全廃
  • ピラミッド・タワーは何段までなど

先生が組体操の勉強を

先生が組体操を研修などで体験して勉強することが大事と考えます。

経験と知識のない者の指導が危険な組体操へと変えていくのだと考えます。

安全な組体操

国の指導の下、しっかりと組体操の意義を理解し、勉強した指導者が組体操を指導することが安全な組体操へと変えていけるのではないでしょうか。

運動会は誰が中心なのか

今回、小学校・中学校・高等学校の組体操を中心に話しました。

私は幼稚園・保育園で指導をしていますが、保育内でレッスンしている園のほとんどが組体操をします。そして組体操を私が指導しています。

幼稚園・保育園ではお遊戯の1つとの意味合いを込めて、笛(太鼓)だけの組体操ではなく「となりのトトロ」や「ももたろう」などを題材にした組体操を行っています。

子どもたちも世界観に入り込めるので、ここ15年ほどですが事故なく楽しくできています。

運動会の中心は子どもです!

「いいものを見せたい」の気持でリスクの高いものにするのではなく、リスクを下げるための勉強をして「いいものを見せる」ことは可能です。

子どもたちの身体、体力に応じた構成であれば安全な組体操で感動をもたらすことができると思います!

そして安全な組体操を通して子どもたち自身も達成感や感動を経験し大きくなっていくことを信じて取り組んでいます。

組体操の有無は賛否両論あると思いましたが、今回思い切って書いてみました。

またコメントやお問い合わせ等でご意見お聞かせ頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

f:id:upsports:20170613012527p:plain