UP SPORTS CLUB

子供の体操の他、健康や筋トレ、雑記も書くブログです。

スポンサーリンク

夏が来た!水が怖い子どもを克服させるコツPART②

訪問ありがとうございます。

前回はお風呂での環境づくりと遊びを紹介しました!

今回は子どもから積極的に水をかけたり、顔をつける事ができる方法・コツを紹介したいと思います!

 

お風呂で克服しよう

 前回紹介した、お風呂が楽しい環境はできていますか?

 

www.upsports.club

手ですくって顔をつけてみよう!

楽しい環境の中で、まずは両手で水をすくってみましょう!

・すくった水を口だけにつけましょう!

飲むのはあまりおすすめしませんが、うがい(練習にもなります)をしたり、口に入れてピュ~と吐き出したりすると楽しく練習できます!

 

・すくった水で顔を洗いましょう!

まずは保護者がブルブルっと大袈裟に顔を洗ってください!

子どもにも挑戦させましょう!上手く洗えた時には思い切り褒めてあげて下さいね!

洗うのを怖がる時には保護者の濡れた手で顔を洗ってあげて下さい!その後、自分の濡れた手で洗う・・・少しずつすくって顔を洗えるように練習しましょう!

顔を洗う男の子のイラスト

ブ~~~~ッ パッ!(息継ぎ練習)

大きく息を吸って唇をとがらせて、おもいきりブ~~~~ッと言います!

その後大きく口を開けてパッと言います!

お風呂で練習する理由はよく響くことと、その後の練習ができるからです!

泳いでないのに息継ぎの練習をする理由は水を飲んだり鼻から水を吸い込んだりしないようにする為です!

子どもにとって一番怖くなる原因でもありますので、しっかり練習しましょう!

大きな口を開けている人のイラスト(男性)

手ですくってブ~~~~ッ パッ!

 上記の2つのコツを組み合わせましょう!

手で水をすくい口だけをつけてブ~~~~ッ パッ!をしましょう!

できるようであれば、口だけでなく顔をつけてブ~~~~ッ パッ!をしましょう!

水につけてブ~~~~ッとすると水がボコボコとなっておもしろいです!

保護者の言葉掛けで楽しい雰囲気の中で練習しましょう! 

手を振る女の子のイラスト「バイバイ」

洗面器を使ってブ~~~~ッ パッ!

洗面器に水をためてブ~~~~ッ パッ!をしましょう!

目をつぶってもいいので顔をつけてブ~~~~ッ パッ!ができればバッチリです!!

ここまでできれば、ほとんど水に慣れたといってもいいでしょう!

しかし、早く!などのイライラした言葉頭を押す・洗面器を上げるなど保護者のタイミングのお手伝いはやめてください!また水が怖くなります。

子どものタイミングでじっくり時間をかけて!

シャワーなどを使ってブ~~~~ッ パッ!

シャワーやジョウロなどを使って身体・頭にかけてみましょう!

最初は弱い水圧で身体や頭にかけ、怖がらないようでしたらだんだん強くしていきましょう!

最初は顔を下に向けてもいいですが、だんだんと前を向かせていきましょう!

頭からかけている時に練習したブ~~~~ッ パッ!をしましょう!

パッ!のタイミングの時にシャワーを止めてあげることで、より達成感が味わえます!

お風呂のイラスト「シャワー」

湯船につかりながらブ~~~~ッ パッ!

より実践的な練習ですが、いよいよ湯船につかりながらブ~~~~ッ パッ!をしましょう!

手を頭の上で組み湯船に顔をつけてブ~~~~ッ パッ!

バランスをとる為に頭の上で手を組んで大きく息を吸い込んで顔をつけましょう!

手を頭の上で組み湯船の中に潜ってブ~~~~ッ パッ!

顔をつけることができたら、大きく息を吸い込んで潜りましょう!

楽しい環境で褒めること

いかがでしたか?

今回はお風呂でできる克服の方法を紹介しました!

ここまでしないといけないの?と疑問を持った方もいらっしゃるかもしれません。

私はここまでしても足りない子どもがいるのでは・・・というのが正直な感想です。

もっとわかりやすく、もっと知識を増やし皆様に紹介できるように頑張ります!

昔なら子どもに無理やり水をかけ、泣こうが、わめこうが・・・いわゆる根性論で克服してきた方もいらっしゃるでしょうが、現代ではその指導方法はナンセンスと言わざるをえないでしょう。

楽しい環境の中で一緒に挑戦する!できた時にはしっかり褒める!

できて当たり前だと思うことこそ褒めてあげる!

次回は、今夏のプールで挑戦!ワニ歩き・けのびの練習方法を紹介したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

f:id:upsports:20170613012527p:plain